日本を、世界を、本と一緒に旅しよう

2017年9月26日

お店

NY Art Book Fair

NY Art Book Fair

ニューヨークにある現代美術館 MoMA(The Museum of Modern Art)の別館「MoMA PS1」に行ってきました。
マンハッタンから地下鉄で10分くらい。
クイーンズという地域にあり、普段はコンテンポラリーアート専用スペースとして使われているのですが、
21日(木)から4日間に渡り、Printed Matter主催のArt Book Fairが行われました。
28カ国から約400のアーティストやインディペンデント出版社、収集家などが出店しました!

Court Yard

強い陽ざしも相まって、テント内の熱気はものすごかったです。

Court Yard-2

このイベントの特徴はやっぱり、さまざまな国から本づくりや物づくりに情熱をかける人たちが集まること。
どこから来たの?から始まり、本のこだわりや特徴、好きなアーティストのこと、国のこと、などなど、
「本」「アート」というキーワードをきっかけにして、どんどん広がる会話を楽しみながら、
自分のお気に入りを探して回るのがいちばんの醍醐味です。

今回もいくつかゲットしたので、少しだけご紹介します。

Art Port
Art Port from Israel
イスラエルのBook Sellerです。
糸を使った幾何学模様の表紙の本がとてもかっこよかった。
ひとつひとつ手縫いしているそうです。
内容はパンクなパラパラ写真だったので、その絶妙にアンバランスな感じも素敵でした。

Lik Lnk Inventory
Lik Ink Inventory from Hong Kong
香港はいつか行ってみたいところなので、つい長々と話し込んでしまいました。
香港にあるレコード屋さんについてのサクセスストーリーが綴られた本(15ドル)をゲット。

Lik Lnk Inventory_2

不定期刊行のZineもくれました。
家に帰って読んだら、「香港芸術発展局」という記載があり、政府からサポートを受けていることが発覚。
中身は中国語と英語の半々で、文化交流として国に認められる刊行物の一端を垣間見ました。
いつか、こういうの作ってみたいです。

あとはもちろん、主催のPrinted Matterのブースへ。
いつでも買いに行けるのに、つい買ってしまいました。

Printed Matter

哲学とカクテルの作り方が描かれた Critical Theory Cocktail(8ドル)
いろんなマスクが描かれた MASKS(10ドル)

他にも買わなかった(高くて買えなかった)けど、素敵なアーティストや本屋さんがいっぱい。

染物の布を表紙に使った本 ultraterrestrial.xyz
すべて、白表紙のシリーズ本 www.zeth.no
Matt Phillips 写真集 shfapというギャラリーに行けば見れるそう

それからニューヨーク在住アーティストLindaさん www.fistbiz.com
本のみならず、編み物や服まで作ってしまうマルチな才能の持ち主で、とてもカッコいい方でした。
アジア系のお顔立ちなので、ついどこの国なのか聞いてみたら、カルフォルニア出身のアメリカ人の方でした。
「アジアは広いからね」って笑顔で答えてくれる感じにも、コロッと惚れてしまいそうに。
後でホームページ見たら、、、同い年。驚きです。

何はともあれ、
ニューヨークに来る前からすごく楽しみにしていたイベントに行くことができて、
予想以上にいろんな方たちとお話しすることができて、とても楽しかったし、勉強になりました。
期待を上回る満足感とわくわく感を胸に、帰路につき、その日はばったりと泥のように眠りました。
とてもいい夢を見たような気がします。

そして、やっぱり思ったのは、いつかブースを出してみたい。
きっと来年!
そのために明日からまたぐるぐると歩き回ります。

そして、次回は新刊「こころ」についてのお知らせがあります。
作家さんも、私も、誰も予想していなかったサプライズが起こりました。
また近日中にお知らせします。

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。

それでは今日もよい一日を。